*

手荒れしやすい洗剤=洗浄力が高い洗剤

a0002_010903

界面活性剤には、タンパク質を傷めつける働きがあります。

その働きをタンパク質変性作用と言います。

界面活性剤が主成分の台所洗剤を使うと
手荒れしたり湿疹が出来たりするのがそれです。

それでも素手で使われやすい台所洗剤では、
一昔前より、タンパク質変性作用の強い、
いわば刺激が強い合成界面活性剤は、
徐々に使われなくなってきました。

とは言っても、
「タンパク質変性作用が強い」=「洗浄力が高い」
と言うことでもあります。

なので、
洗浄力を重視する場合が多い清掃業者さんは、
作業効率の事を考え、あえてタンパク質変性作用が強い
合成界面活性剤が含まれた洗浄剤を選ぶのはアリです!

では、どんな合成界面活性剤がタンパク質変性作用が強いのか?

それは、基本的にはアニオン界面活性剤です。

中でも、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩は、
油汚れに対して洗浄力がとても高い界面活性剤です。

逆に言えば、ご家庭で使用する台所洗剤は
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩が含まれたものは
避けた方が良いと言うことになります。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

液体洗浄剤と粉末洗浄剤、どちらを選びますか?

清掃業の皆さん、 液体洗浄剤と粉末洗浄剤だったらどっちが好きですか? 私は粉末洗浄剤

記事を読む

界面活性剤と泡の特徴

洗浄作業において、洗剤の「泡」は 作業効率に大きな影響を与えます。 泡切れがよければ

記事を読む

安全性が高く環境負荷が低い洗剤選び方

界面活性剤を主成分とした洗剤の洗浄力を高めるという事を、 第一に考えるのであれば、アニオン

記事を読む

no image

洗剤と洗浄剤の違いをご存知ですか?

皆さん、 洗剤と洗浄剤を同じものだと思ってませんか? 実は、「洗剤」と「洗浄剤」は全

記事を読む

【プロ必見】酸性洗浄剤選びのポイントとは?

清掃業者の皆さん、 「水垢落とし用の酸性洗浄剤は、どんなものを選んだらいいの?」 「洗浄

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑