*

漂白剤の種類とその特徴

a0022_000143

漂白剤は、
酸化型漂白剤と還元型漂白剤に分けられます。

また、酸化型漂白剤は
塩素系と酸素系に分けられます。

塩素系の酸化型漂白剤の代表が
色物衣類の漂白剤やカビ取り剤に
使用される次亜塩素酸ナトリウムです。

次亜塩素酸ナトリウムの特徴は、
・衣類の色柄を落としてしまうほど強い漂白力
・非常に強い除菌力
・光や温度で簡単に分解されてしまう安定性の低さ
です。

次亜塩素酸ナトリウムが含まれている製品に
必ずと言っていいほど水酸化ナトリウムが含まれているのは、
不安定な次亜塩素酸ナトリウムを少しでも安定させるためです。

次亜塩素酸ナトリウムは、
酸性側になるにつれ分解しやすく

pH5以下では塩素ガスを発生して分解します。

なので、安定化のために製品の
pHは 11~12.5のアルカリ性に調整されています。

そのpH調整にアルカリ度の高い
水酸化ナトリウムが使われているわけです。

 

塩素系の酸化型漂白剤には、
他にも次亜塩素酸カルシウムやシアヌル酸系
などが主成分として使われます。

製品の形状は粉末タイプと液体タイプがあり
酸素系の酸化型漂白剤には、
過酸化水素水や過炭酸ナトリウムが
主成分として含まれます。

液体タイプには過酸化水素水、
粉末タイプには過炭酸ナトリウムが
使われます。

酸素系の酸化型漂白剤の特徴は、
塩素系と比べて漂白力が穏やかな点です。

酸素系には、
色素を分解する漂白力が備わっていないので
色柄物衣類にも使うことが出来ます。

還元型漂白剤は、
鉄サビの汚れを落とすのに効果があり
鉄分を含んだ水で黄ばんでしまった衣類の漂白に使用されます。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

洗剤エキスパートが、洗剤・石けんの疑問にお答えします!

【泡立ちが良い洗剤ほど汚れ落ちが良いのか?】 泡立ちは関係ありません。 洗剤の主

記事を読む

ナチュラル素材で消臭するために知っておかなければならないこと!

ナチュラルクリーニングの必需品である 重曹やクエン酸などのナチュラル素材の効果は、 汚れ

記事を読む

【プロ必見!】固形塩素剤の性質と特徴

漂白剤に使用されてる塩素剤は、 液体タイプの次亜塩素酸ナトリウム(塩素系) が一般的です

記事を読む

界面活性剤が汚れを落とすしくみとは?

衣類に付いた油汚れが、 界面活性剤で落ちる様子で解説します。 界面活性剤が含まれた水

記事を読む

油汚れが良く落ちる洗剤に必ず含まれている成分があります!

油汚れが良く落ちる洗剤に、必ず含まれているのが、 「アルカリ剤」と言われる成分です。

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑