*

【詳しく解説】界面活性剤の働きとは?

a0002_002298

食事をした後の食器や、汗などで汚れた服は
水洗いだけではなかなかきれいになりません。

なぜなら、
油と水は混ざり合わないからです。

汚れの主な原因は、「油」ですからね。

そんな水と油を
混ぜ合わせて汚れを落としやすくしてくれるのが
洗剤に含まれてる界面活性剤です。

具体的に界面活性剤は、
どんな働きで汚れを落とすのか?

そのメカニズムを説明します!

初めに、
界面活性剤の働きによって
水の表面張力が弱められます。

これを湿潤作用といいます。

次に、
水をはじきやすい糸きれなども
水にしみこむようになります。

これを浸透作用といいます。

それから、
界面活性剤は、油をとても小さな粒にして取り囲み
水の中にばらばらに散らばせます。

これを分散作用といいます。

一度とれた汚れは、
界面活性剤にしっかり包まれます。

これを乳化作用といいます。

そして、
再び汚れとしてくっつくことはありません。

これを再付着防止効果といいます。

水と油を混ざりやすくする界面活性剤の性質は
とても便利なので洗剤以外にも
クリームや乳液などの化粧品、
アイスクリームなどの食品、
そして医薬品や農薬など
いろいろなものに利用されています。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか? 同じようで違うような合成洗剤

記事を読む

【プロ必見!】固形塩素剤の性質と特徴

漂白剤に使用されてる塩素剤は、 液体タイプの次亜塩素酸ナトリウム(塩素系) が一般的です

記事を読む

逆性石鹸とは?

逆性石けんとは、 一般的な石けんと逆の特徴をもった石けんです。 何が逆かと言えば

記事を読む

界面活性剤は洗剤以外でも使われているんですか?

水と油を混ぜあわせる働きのある界面活性剤の使い道は、 食器洗剤や洗濯洗剤、住居用洗剤だけで

記事を読む

洗剤、洗浄剤で肌荒れする理由とは?

なぜ洗剤を使うと手が荒れるのか? なぜ洗浄剤は肌が傷むのか? その大きな原因の1つが

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑