*

【簡単解説】界面活性剤の働きとは?

公開日: : :茂木 和哉 わかりやすい洗剤成分の知識 , ,

a1180_006353

洗剤の主成分「界面活性剤」。

なぜ界面活性剤が含まれていると汚れが落ちるのか?

また、界面活性剤はどんな働きをするのか?

簡単に説明します。

界面活性剤は、
通常混ざりあわないもの同士を
混ぜ合わせる性質があります。

通常、混ざらない水と油汚れも
界面活性剤を加えると混ざり合います。

この働きが洗剤の汚れ落としの基本となります。

衣類や食器についた油汚れは
水と混ざり合った状態になると
離れやすくなり汚れが落ちるというわけです。

界面活性剤のなんでも混ぜ合わせる働きは
台所用や洗濯用などの洗剤以外にも
界面活性剤は身近なものにたくさん使われています。

例えば、
石けん、シャンプー、リンス、ボディーシャンプー
ハンドソープ、洗顔フォーム、ハンドクリーム
歯磨き粉、アイスクリーム、マヨネーズなどにも
界面活性剤は使われています。

ハンドクリームは、
オイルと水を混ぜ合わる目的で使われています。

また、人工的に作ったものでなくても
天然の界面活性剤の働きで水とその他の成分が
混ざり合った状態になってりものもあります。

例えば、牛乳や墨汁などです。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

汚れ落とし研究家茂木和哉株式会社
汚れ落とし一筋23年の汚れ落とし研究家。累計出荷本数150万本超の水垢洗剤「茂木和哉」の開発者。主にラクしてキレイにする掃除術や洗剤の間違った情報をなどをSNSで日々発信。フォロワー数はInstagram7万人、TikTok2.1万人。TikTok厳選ユーザー。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
茂木和哉 ROOM

関連の記事。こちらもどうぞ

酸素系漂白剤とは?

酸素系漂白剤とは、 酸素の酸化力を利用して汚れを分解する漂白剤です。 最も多くな特徴

記事を読む

no image

油汚れを楽に落とすための洗浄剤選び

油汚れは、界面活性剤が含まれている洗剤を使わなくてもアルカリ性の洗剤であれば油汚れを落とす事

記事を読む

no image

台所洗剤の手荒れのしやすさ、界面活性剤は濃度で判断できるのか?

同じ種類の界面活性剤なら 濃度が高い方が肌に対して刺激が強くなります。 ただし、

記事を読む

手荒れ

こんにちは!茂木和哉です。 今回は「手荒れ」の原因についてお話します。 手荒れの

記事を読む

アルカリ剤とは?

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木和哉です。 今回は、洗剤でよく目にする成分 「アル

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

掃除ブロガーを辞めて掃除ユーチューバーになります!

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん、ネットで掃除の情報を詳しく知

お風呂の天井と壁を丁寧に掃除して、即防カビ燻煙してみた!

こんにちは、茂木和哉です。 皆さん、最近お風呂の天井や壁

コーヒーの出が悪くなったコーヒーメーカーの原因と対処法

こんにちは、茂木和哉です。 皆さん、コーヒーは好きですか

茂木流!簡単朝ごはん その4

こんにちは!茂木家の朝ごはん作りの担当の茂木和哉です。

「ウラマヨ!」に登場した洗剤をご紹介!【茂木和哉】

こんにちは!茂木和哉です。 関西地区の皆さん、今日関西テ

→もっと見る

PAGE TOP ↑