*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

洗浄成分のpHの低さ高さランキング!

公開日: : 最終更新日:2017/08/03:茂木 和哉 じょうずな洗剤の選び方 , , , ,

洗浄剤選びでpHは重要なポイントの1つです。

なぜなら、
酸性洗浄剤なら低ければ低いほど洗浄力が高く
アルカリ洗浄剤なら高ければ高いほど高いからです。

そこで今回は、代表的な洗浄成分をpHが高さ低さランキング発表します!

まずはpHの低さランキングです!

1位 硫酸
2位 塩酸
3位 スルファミン酸
4位 シュウ酸
5位 リン酸
6位 リンゴ酸
7位 クエン酸
8位 フッ酸
9位 グリコール酸
10位 酢酸

無機酸の硫酸、塩酸は、その危険度から
pHが低いということが想像できると思います。

注目してもらいたいのが、
有機酸でもっともpHが低いシュウ酸です。

刺激がそれほど高くないのに
十分な洗浄力があるので、非常に魅力的な酸性成分です。

当社の商品を見ていくと、
茂木和哉はスルファミン酸が主成分です。
motegikazuya_click

スルファミン酸の力で、炭酸カルシウム系の水垢は、確実に落とします。

おふろのなまはげには、リン酸、クエン酸が含まれています。
ofurononamahage_click

リン酸とクエン酸の働きで、水垢を分解します。

 

続きましてpHの高さランキングです!

1位 水酸化カリウム
2位 水酸化ナトリウム
3位 オルソケイ酸ナトリウム
4位 メタケイ酸ナトリム
5位 次亜塩素酸ナトリウム
6位 第三リン酸ナトリム

7位 炭酸ナトリム
8位 モノエタノールアミン
9位 ジエタノールアミン
10位 過炭酸ナトリム 

やはり劇物だけあって
水酸化カリウムと水酸化ナトリウムは強いですね。

もちろんpHの低さ高さは、
含まれている洗浄成分だけではなく
配合割合によってpHの低さは変わりますのでご注意を。

私の開発した洗剤では、
なまはげには、メタケイ酸ナトリウムが含まれています。
namahage_click

メタケイ酸ナトリウムが、頑固な油汚れを強力に分解します。

 

サムライと泥汚れZには、
炭酸ナトリウムが含まれています。
samurai_click

doroyogoreZ_click

炭酸ナトリウムの洗浄力で、皮脂汚れをすっきり落とします。

 

 

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

尿石除去剤の選び方 〜プロ編〜

清掃業の皆さん、 尿石除去剤は、どんなものをお使いですか? もちろん、洗浄力、安全性

記事を読む

軽い油汚れのお掃除には、アルコール除菌剤がオススメ!

それほどひどくない台所まわりの油汚れを掃除するんだったら 普通は、台所洗剤(中性洗剤)を使

記事を読む

フッ酸を含まないシリカスケール洗浄剤

どんなにpHが低い洗浄剤でもビクともしない 水あか汚れはシリカスケールの可能性が大です!

記事を読む

パイプ洗浄に水酸化ナトリウムより水酸化カリウムが向いてる理由

清掃業者の皆さん、 水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)と 水酸化カリウム(苛性カリ)の違いは

記事を読む

水あか汚れ落とせる洗剤この2種類です!

水あか汚れ用の洗剤は大きく分けて2つあります。 それは、酸性洗浄剤とキレート剤配合の洗

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
no image
【茂木和哉のプロショップ】12月のキャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

新発売の茂木和哉専用クロスを使ってみた!

新商品の茂木和哉専用クロスを実際に使って、我が家のお風呂の鏡を洗いまし

掃除職人応援プレゼントキャンペーンのお知らせ!

こんにちは!茂木和哉です。 大掃除需要でこれからお仕事が忙しくな

浴室の汚れ予防にはコレ!【キャンペーン情報もあるよ!】

まもなく大掃除の季節がやってきますが、大掃除を頑張ってキレイにした後は

【プロ必見!】業務用商品超大特価セールのご案内!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑