*

酸化鉄スケールに相性が良い洗浄剤とは?

公開日: : :茂木 和哉 じょうずな洗剤の選び方 , , ,

a0002_003975

お風呂やシンクなどの水回りに付着する赤褐色の汚れの正体は
酸化鉄スケールという水あか汚れです!

水に含まれている鉄分が空気と触れ
酸化することで、その姿を表します。

ですから鉄分が多い水ほど付きやすくなるわけです。

酸化鉄スケールは、pHが低い洗浄剤ほど良く落ちますが
単にpHの低さだけでなく洗浄剤に含まれている
成分によっても汚れ落ちに大きな違いがでます。

酸化鉄スケールが良く反応する代表が
塩酸ベースの洗浄剤です。

しかし素材を傷めやすく、
また臭いがきついので洗浄作業が非常に大変です。

そこで私がおススメするのが
シュウ酸ベースの洗浄剤です。

シュウ酸ベースの洗浄剤は、
酸化鉄スケールがとても良く落ちるうえ
pHが低い割には素材を傷めにくく
また臭いも少ないので洗浄作業がきつくありません

しかも洗浄剤のコストもそれほど高くなく作れます。

ただし、シュウ酸が10%以上含まれているものは
劇物扱いになるので限りなく10%近いものをオススメします。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

手荒れしやすい洗剤=洗浄力が高い洗剤

界面活性剤には、タンパク質を傷めつける働きがあります。 その働きをタンパク質変性作用と

記事を読む

主成分から見る尿石除去剤の違い

一般的な尿石除去剤の主成分には、 ・塩酸 ・スルファミン酸 の2つがよく使われます。

記事を読む

【赤ちゃんをお持ちの方へ】茂木和哉流!安全なお掃除洗剤の選び方!

小さな子供や赤ちゃんがいると、とにかく家中がよく汚れますよね~ 食べ物、飲み物は、どこ

記事を読む

界面活性剤と泡の特徴

洗浄作業において、洗剤の「泡」は 作業効率に大きな影響を与えます。 泡切れがよければ

記事を読む

【プロ必見】シリカスケール落としに最適な洗浄剤を選ぶポイントとは?

水垢は、種類によって落としやすさがまるで違います。 水垢の中で最も一般的な、カルシウム

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
より洗浄力が高くできるだけ安全な洗剤を目指して

  最近のトイレやお風呂は、汚れが付きにくくな

茂木和哉の業務用つけ置き洗剤のご紹介!

純愛、サムライ、泥汚れZ、そして今田耕司さんからのオファーで作

バスクリーナーで水垢汚れは落ちるのか?

よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリー

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?

浴場施設関係者の皆さん、日々お使いになっているバスクリーナーに

塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!

  皆さんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素

→もっと見る

PAGE TOP ↑