*

洗剤と洗浄剤の違いをご存知ですか?

公開日: : 最終更新日:2016/08/30:茂木 和哉 じょうずな洗剤の選び方 ,

detergent-460472_1920

皆さん、
洗剤と洗浄剤を同じものだと思ってませんか?

実は、「洗剤」と「洗浄剤」は全く別物なんです!

違いを簡単に説明すると洗剤は、
主に界面活性剤の働きを利用して
汚れを落とすものです。

一方洗浄剤は主に中和作用で
汚れを落とすものです。

例えば、
同じ油汚れを落としにしても
界面活性剤が主成分なら「洗剤」
中和作用で落とすなら「洗浄剤」
となるわけです。

実は、一般向けの油汚れ用洗剤の
ほぼ全てが「洗剤」の表記となっています。

液性はアルカリ性なのですが、
主な洗浄成分が界面活性剤のためそう表記されます。

逆に業務用では、ほとんどの商品が「洗浄剤」と表記されます。

なぜかというと、界面活性剤が主成分の
油汚れ「洗剤」では業務用としては物足りないのです。

このことからも油汚れに対して
「洗剤」より「洗浄剤」の方が洗浄力が高いことが分かると思います。

なまはげは、一般向け商品でありながら
主にアルカリ剤の中和作用で落とす「洗浄剤」です。

なまはげの洗浄力がいかに高いかが
パッケージの表記からも確認できるのです。
namahage_click

いかがでしたでしょうか?
中性洗浄剤
アルカリ洗剤
酸性洗剤
とは言わないことがお分かりになったと思います。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

主成分から見る尿石除去剤の違い

一般的な尿石除去剤の主成分には、 ・塩酸 ・スルファミン酸 の2つがよく使われます。

記事を読む

安全性が高い業務用洗剤選びのポイントとは?

高い洗浄力が求められる業務用洗剤とはいえ 安全性が高いものを選びたいものですよね。

記事を読む

【プロ必見】油汚れ用洗浄剤は洗浄力重視?低刺激性重視?

高い洗浄力がが要求される油汚れ洗浄剤には、 苛性ソーダ、苛性カリがよく使われます。

記事を読む

界面活性剤と泡の特徴

洗浄作業において、洗剤の「泡」は 作業効率に大きな影響を与えます。 泡切れがよければ

記事を読む

手荒れしやすい洗剤=洗浄力が高い洗剤

界面活性剤には、タンパク質を傷めつける働きがあります。 その働きをタンパク質変性作用と

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 ご予約受付中
  • 茂木和哉
硬水と軟水、掃除にはどっちが有利なの?

  硬水と軟水を語る上で外せないのが「硬度」で

猫のマーキング臭にお困りではないですか?

猫の飼い主の皆さん、猫のおしっこの臭いに、お困りではありません

犬の食器洗いの問題点

犬の飼い主の皆さんなら、日々洗っている「犬の食器」 実は、犬

茂木和哉第二弾!茂木和哉バスタブ用がいよいよ登場!

水垢洗剤「茂木和哉」が発売されてから早いもので3年以上が経ちま

「茂木和哉バスタブ用」を新発売

2017年2月27日 きれい研究所株式会社 バスタブの頑固な汚

→もっと見る

PAGE TOP ↑