*

石けんと複合石けん

公開日: : :茂木 和哉 じょうずな洗剤の選び方 ,

a1180_003784

洗濯や食器洗いに使用する
固形石けん、液体石けんには
「石けん」と「複合石けん」の2つがあります。

石けんとは、
石けん成分の以外の洗浄成分(界面活性剤)が
何も入っていないもののことを言います。

手肌や環境に優しいので、
荒れやすい肌の方にお薦めです。

しかし、衣類が黄ばみやすかったり
ミネラル分の多い水では汚れ落ちが悪かったり、
石けんカスが発生しやすくシンクや浴室が汚れやすかったり
するなど正直使いにくいです。

その使いにくさを改善したのが複合石けんです。

改善するために、
石けん以外の洗浄成分(界面活性剤)を
洗濯用では30%未満まで、
また台所用では40%未満まで使用しても可能です。

ただし、環境や手肌への影響は
石けんよりは大きくなります。

でも合成洗剤と比べれば
それほど大きな問題ではありません。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

no image

粉末洗剤のおすすめポイントとは?

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木和哉です。 前回、 酸化鉄スケールについて のお話の中で

記事を読む

酸化鉄スケールに相性が良い洗浄剤とは?

お風呂やシンクなどの水回りに付着する赤褐色の汚れの正体は 酸化鉄スケールという水あか汚れで

記事を読む

【プロ必見】油汚れ用洗浄剤は洗浄力重視?低刺激性重視?

高い洗浄力がが要求される油汚れ洗浄剤には、 苛性ソーダ、苛性カリがよく使われます。

記事を読む

【プロ必見】シリカスケールの洗浄剤選びで重要な事

水あか汚れの中で非常にガンコなのが このシリカスケールです。 なぜガンコなのかについ

記事を読む

バスクリーナー選びは「洗浄力」より「泡」が重要です!

バスクリーナーを選ぶ際、「豊かな泡立ち」と「素早い泡切れ」は、とても重要な要素です。

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑