*

洗剤エキスパートが、洗剤・石けんの疑問にお答えします!

公開日: : :茂木 和哉 わかりやすい洗剤成分の知識 , ,

a1370_000023

【泡立ちが良い洗剤ほど汚れ落ちが良いのか?】

泡立ちは関係ありません。

洗剤の主成分である界面活性剤は種類によって
泡立ちやすいもの、泡立ちにくいものがあります。

しかし、泡立ちやすいものが
必ずしも洗浄力が高いとは限りません。

また、洗剤は界面活性剤以外にも
酵素や、アルカリ剤、漂白剤、溶剤などの洗浄成分が含まれています。

それらの濃度も汚れ落ちに関係します。

 

【洗剤は、なぜ泡立つのか?】

洗剤の主成分の界面活性剤には、
普通は混ざらない物を混ぜる合わせる力があります。

食器の油汚れが落ちるのも、
油と水が界面活性剤の働きによって混ざり合うからです。

そして、泡立っている状態は、
界面活性剤の働きによって空気と水が
混ざり合っている状態と言う事になります。

 

【界面活性剤が多く含まれている洗剤は危険ですか?】

界面活性剤が多く含まれているからと言って
安全性が低いとは限りません。

配合割合より、使われている
界面活性剤の種類の方が安全性に左右されます。

だから、
合成界面活性剤が30%含まれた合成洗剤より
石けん分100%の純石けんの方が安全と言えるわけです。

 

【粉石けんを水で溶かせば液体石けんとして使えるのか?】

粉石けんや固形石けんと液体石けんでは、
成分が全く異なります。

石けんは水で溶かしても、
しばらく経つとドロドロになってしまい使えません。

【アルカリ洗剤、中性洗剤、酸性洗剤の違い】

アルカリ洗剤は、中和作用で皮脂や油などの酸性汚れを落とします。

中性洗剤は、界面活性剤の働きで皮脂や油などの汚れを落とします。

酸性洗剤は、中和作用で水あか尿石などのアルカリ性の汚れを落とします。

また、酸性洗剤、アルカリ性洗剤は、手肌や素材に対し刺激が強く
中性洗剤は、刺激が低いのが特徴です。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

界面活性剤が汚れを落とすしくみとは?

衣類に付いた油汚れが、 界面活性剤で落ちる様子で解説します。 界面活性剤が含まれた水

記事を読む

塩素系漂白剤とカビ取り剤は鮮度が命です!

塩素系漂白剤やカビ取り剤の 主成分「次亜塩素酸ナトリウム」は 非常に分解されやすい成分で

記事を読む

アルカリ性電解水の真実

お掃除用の万能洗剤として、最近よく知られるようになた「アルカリ性電解水」 もう定番化し

記事を読む

洗剤にはどんなものが含まれているの?

洗剤によく含まれる成分にはどんなものがあるのか? わかりやすく説明します! &n

記事を読む

【プロ必見!】塩酸配合洗浄剤のメリットとデメリットとは?

清掃業の皆さん! 「とにかく洗浄力が高い酸性洗浄剤を使いたい。」 「スケールの分

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新商品! 独身番長 好評発売中!
  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
  • 茂木和哉
今田耕司×茂木和哉=独身番長!

キレイ好きで知られる今田耕司さん。 今でも掃除、洗濯は自分でやっ

カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

→もっと見る

PAGE TOP ↑