*

手荒れしやすい食器洗剤とは?

公開日: : 最終更新日:2017/03/04:茂木 和哉 知って得する石けんの知識

手荒れしやすい食器洗剤には、必ず合成界面活性剤 が含まれています。
でも合成界面活性剤は種類よって荒れやすさは大きく違いますので、正確に言えば「手荒れしやすい食器洗剤には、手荒れしやすい合成界面活性剤がふくまれている。」と言うことになります。

しかし、残念ながら一般的な食器洗剤は、すべてに手荒れしやすい合成界面活性剤が含まれているのが現状です。

ところで、手荒れしやすい合成界面活性剤は、石油から作られるものだけだと思っていませんか?

実は、植物油から作られる合成界面活性剤でも手荒れするものはあります。
むしろ近年は、植物油由来の手荒れしやすい合成界面活性剤が、石油由来のものに変わって多く使われています。
植物には良いイメージがあるのも、理由の一つだと思われます。

ですから、たとえパッケージに「天然由来」や「植物系」の洗浄成分を使用しているなどの表記をしているからと言って、手荒れしないなどと安易に思わないでください。

悲しい事に、「天然由来」や「植物系」と表現している食器洗剤でも、ほぼすべてが手荒れしやすい合成界面活性剤と言っても過言ではありません。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

せっけんとは

せっけんは合成界面活性剤の一種です。動物や植物のあぶら(油脂)とアルカリを反応させて作られます。 ア

記事を読む

ノロウイルス対策に、せっけんでの手洗いは有効ですか?

ノロウィルス の被害を防ぐには、除菌剤が配合された薬用ハンドソープを使わなくても 普通のせっけん で

記事を読む

洗剤で汚れが落ちる仕組み

界面活性作用が汚れを落とします 身体用の化粧せっけん、シャンプー、ヘアリンス、 台所用、洗濯用、住宅

記事を読む

固形せっけんと液体せっけん、汚れがよく落ちるのはどっち?

汚れ落ちは、ほとんど変わりません。 しかし、水に溶けることで洗浄力を発揮する固形せっけんは、あらか

記事を読む

せっけんと合成洗剤の違いはご存知ですか?

せっけん せっけんの作り方は、動物や植物の油(牛脂やヤシ油など)に水酸化ナトリウムや水酸化カリウム

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑