*

手肌のために、合成洗剤ではなく石けんを使いましょう

せっけんも合成洗剤もそれぞれ一長一短がありますが、手肌と爪のためにはせっけん をおすすめします。

理由1:皮脂が流されにくい

合成洗剤は洗浄力が強いので皮脂が流れ去りやすく、一方のせっけんは合成洗剤に比べれば洗浄力が弱く、皮脂の流れ去りが抑えられます。
皮脂膜によって角質層の水分の蒸発が防がれ、適度な水分によって保湿機能とバリア機能が維持されて皮膚が守られます。

理由2:ターンオーバーが乱れにくい

せっけんは汚れを落とし水で洗い流すことや、弱酸性の肌に触れることで界面活性作用は無くなります。
合成洗剤のように肌に残ってタンパク質を溶かし続けることがありませんので、肌のターンオーバーの乱れを抑えられます。

理由3.皮膚への刺激対策

合成洗剤に使われている一部の合成界面活性剤の中には皮膚への刺激や毒性の高いものがあります。
以下は、特に注意が必要な合成界面活性剤です。これらが主成分として含まれているものは避けるようにしましょう。

  • 1.直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)
  • 2.アルファオレフィンスルホン酸ナトリウム(AOS)
  • 3.ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル(POEP)
  • 4.アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES)
  • 5. アルキル硫酸エステルナトリウム(AS)、別名:ラウリル硫酸ナトリウム
  • 6.ポリオキシエチレンアルキルエーテル(POER)
  • 7.アルファスルフォ脂肪酸エステルナトリウム(ASF)
The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

合成洗剤とは

合成洗剤 とは、せっけん以外の合成界面活性剤が主成分(洗濯洗剤30%以上、食器洗剤40%以上)の洗剤

記事を読む

防腐剤が配合されていなければ安全ですか?

必ずしも安全とは言えません。 確かに防腐剤 の中には、安全性が低いものがあるのも事実です。 しかし

記事を読む

界面活性剤の種類

界面活性剤には、 食品の乳化剤として使われている卵黄レシチンや大豆レシチンといった天然に存在する天

記事を読む

せっけんは皮膚に刺激を与えませんか?

合成洗剤に比べ手肌への影響は非常に低いのですが、せっけんでも皮脂の流れ去りや皮膚の新陳代謝が悪くなる

記事を読む

歯磨き粉にも!?ラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウム

危険な合成界面活性剤の種類を知れば知るほど、大きな安心が手に入り、自分自身はもちろん、家族を危険な合

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑