*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

「 知って得する石けんの知識 」 一覧

ノロウイルス対策に、せっけんでの手洗いは有効ですか?

ノロウィルス の被害を防ぐには、除菌剤が配合された薬用ハンドソープを使わなくても 普通のせっけん で手を洗うことで十分効果があります。 手洗いは、ウイルスや菌を洗い落とす事を目的としています。

続きを見る

手肌のためには、固形せっけんと液体せっけんではどちらが良いですか?

手肌のためには固形せっけんよりも液体せっけんの方が良いです。 その理由は、2つあります。 液体せっけんの方が固形せっけんより遊離脂肪酸が多い 遊離脂肪酸とは、せっけんカスのことです。 実はせっけんカ

続きを見る

防腐剤の入っていないせっけんは長持ちしませんか?

せっけん は、雑菌が住みつきにくいアルカリ性です。 その為、防腐剤が入っていなくても腐敗しにくく、未使用なら長期間保管が可能です。 しかしせっけんでも、液体せっけん の場合は一度使い始めたなら注意が

続きを見る

手肌には弱酸性が一番良いのですか?

洗剤が手肌に与える影響は、 洗剤に含まれている主成分が手肌に安全なものかどうかで判断してください。 台所洗剤やシャンプーなら界面活性剤 です。 主成分である界面活性剤が何かが最も重要なのであって、

続きを見る

せっけんは植物から作られているのですか?

せっけん は、油脂をアルカリで反応(ケン化)させて作ります。 その油脂の原料は、植物油だけでなく動物油も使われます。 植物油で用いられるものとして一般的なものは、ココヤシやアブラヤシから採れるヤシ油

続きを見る

防腐剤が配合されていなければ安全ですか?

必ずしも安全とは言えません。 確かに防腐剤 の中には、安全性が低いものがあるのも事実です。 しかし、防腐剤を含まないことで商品が腐敗し雑菌の感染リスクが高くなってしまうことも問題です。 多くのメーカ

続きを見る

植物系の界面活性剤であれば手にやさしいのでしょうか?

植物系でも手荒れ しやすい界面活性剤 は存在します。 例えば、昨今安全性が問題視されているラウリル硫酸ナトリウム は、石油とヤシ油どちらからでも作ることができます。 しかし、ヤシ油から作られたものが

続きを見る

固形せっけんと液体せっけん、汚れがよく落ちるのはどっち?

汚れ落ちは、ほとんど変わりません。 しかし、水に溶けることで洗浄力を発揮する固形せっけんは、あらかじめ洗浄成分が溶けている状態の液体せっけんとは違い、水温が高いほどせっけんが溶けやすくなるので汚れが

続きを見る

オーガニック原料を使った洗剤であれば手荒れしませんか?

原料がオーガニック か、 それとも農薬や化学肥料を使用したものなのかは、手荒れしやすい、しにくいには全く関係ありません。 洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性剤がどんな原料から作られたかで

続きを見る

石油系の界面活性剤が入ったものは使わない方が良いのですか?

洗剤やシャンプー、化粧品などにおいて 石油系界面活性剤は使用していませんとか、植物由来成分だけで作りました、といった説明を目にすることがあると思います。 しかし界面活性剤 の安全性の基準を 石油系や

続きを見る

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
no image
【茂木和哉のプロショップ】12月のキャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

新発売の茂木和哉専用クロスを使ってみた!

新商品の茂木和哉専用クロスを実際に使って、我が家のお風呂の鏡を洗いまし

掃除職人応援プレゼントキャンペーンのお知らせ!

こんにちは!茂木和哉です。 大掃除需要でこれからお仕事が忙しくな

浴室の汚れ予防にはコレ!【キャンペーン情報もあるよ!】

まもなく大掃除の季節がやってきますが、大掃除を頑張ってキレイにした後は

【プロ必見!】業務用商品超大特価セールのご案内!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑