*

洗剤に溶剤を使用する本当の目的とは?

公開日: : 最終更新日:2016/09/06 洗剤成分の巻 , ,

cleaning-268075_1920

油汚れに働く洗浄成分は、
・界面活性剤
・アルカリ剤
・酵素
・溶剤
の4つがあります。

今回は、その中の溶剤についてお話します!

そもそも溶剤とは、
アルコールやシンナーなど、
油などを溶かす揮発性のある成分のことです。

洗剤では、界面活性剤をたくさん配合できない
用途のものによく使われます。

例えば
油汚れ用洗浄剤やお風呂用洗剤です。

油脂汚れ、皮脂汚れに対し高い洗浄力が求められる
これらの洗剤はスプレーして使うタイプがほとんどです。

なので、
界面活性剤だけで洗浄力を高めようとすると
ドロドロしすぎてスプレーでは使えません。

しかし洗浄力は高くしなければなりません。

そんな時、とても便利な洗浄成分が溶剤なのです。

洗剤によく使われる溶剤としては
グリコール系溶剤
グリコールエーテル系溶剤
などがあります。

高い洗浄力をお求めでしたら界面活性剤以外にも、
これらの溶剤がふくまれている洗剤を選ぶのがお薦めです。

さらにアルカリ剤が含まれているものは、
ガンコな油汚れ落としに、非常に適しております。

例えば、なまはげがそれにあたります。
namahage_click

関連の記事。こちらもどうぞ

実は重要な酸性洗浄剤の界面活性剤選び

酸性洗浄剤の用途は、主にスケール(水あか)汚れの洗浄です。 なので、 酸性洗浄剤に配

記事を読む

油汚れを楽に落とすための洗浄剤選び

油汚れは、界面活性剤が含まれている洗剤を使わなくてもアルカリ性の洗剤であれば油汚れを落とす事

記事を読む

塩素系漂白剤とは?

酸化力が強く洗剤では落ちない汚れの漂白剤や キッチンやトイレの除菌剤としてよく使われます。

記事を読む

洗剤にはどんなものが含まれているの?

洗剤によく含まれる成分にはどんなものがあるのか? わかりやすく説明します! &n

記事を読む

過炭酸ナトリウムの特徴と使い方

過炭酸ナトリウムとは、酸素系の酸化型漂白剤の1つです。 酸化型漂白剤には、酸素系以外に

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 水垢洗剤 茂木和哉がTVで紹介されました
白いなまはげは、オーブンレンジの掃除に最適です!

  皆さん、オーブンレンジは、どんな洗剤を使って掃除し

【プロ必見】シリカスケール落としに最適な洗浄剤を選ぶポイントとは?

水垢は、種類によって落としやすさがまるで違います。 水垢

サムライでシロッコファンを洗ってみた!

皆さん、レンジフードの掃除は、どこまでしていますか? もしかして

インスタグラムを始めてまもなく1年!

インスタグラムを始めて、来月で1年になります。 商品の使

バスクリーナー選びは「洗浄力」より「泡」が重要です!

バスクリーナーを選ぶ際、「豊かな泡立ち」と「素早い泡切れ」は、

→もっと見る

PAGE TOP ↑