*

中性洗剤の特徴とは?

公開日: : 最終更新日:2014/02/04 洗剤の選び方の巻 , ,

a0002_010903

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木です。

今回は、中性洗剤の特徴についてお話します。

洗剤は
酸性
弱酸性
中性
弱アルカリ性
アルカリ性
に分けられます。

この中で、
最も刺激が低いのが中性洗剤です。

なので、
素肌で使用する機会が多い
台所洗剤やバスクリーナーに使われます。

洗浄力だけなら、
アルカリ洗剤の方が強いのですが
刺激が強くて素手では使えません。

その他には、
素材に対しても刺激が低いので
生地が傷みやすい衣類の
洗濯洗剤に使われます。

また、
それらの用途に使われる
もう一つの理由が、
中性洗剤の主成分が
界面活性剤だからです。
界面活性剤です。

界面活性剤で落とせる汚れは
油汚れ皮脂汚れ)に限られますからね。

ちなみに、
洗濯洗剤は、基本的に
粉末洗剤が、弱アルカリ性
液体洗剤が、中性です。

特性を考えれば
洗浄力を重視するなら、粉末洗剤
生地の傷みが心配なら、液体洗剤
となります。

ぜひ、参考にしてください!

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。

洗剤エキスパート 茂木和哉

関連の記事。こちらもどうぞ

【プロ必見】油汚れ用洗浄剤は洗浄力重視?低刺激性重視?

高い洗浄力がが要求される油汚れ洗浄剤には、 苛性ソーダ、苛性カリがよく使われます。

記事を読む

バスクリーナー選びは「洗浄力」より「泡」が重要です!

バスクリーナーを選ぶ際、「豊かな泡立ち」と「素早い泡切れ」は、とても重要な要素です。

記事を読む

フッ酸を含まないシリカスケール洗浄剤

どんなにpHが低い洗浄剤でもビクともしない 水あか汚れはシリカスケールの可能性が大です!

記事を読む

界面活性剤と泡の特徴

洗浄作業において、洗剤の「泡」は 作業効率に大きな影響を与えます。 泡切れがよければ

記事を読む

プロの皆さん!水あか落としは瞬間水あかクリーナーにおまかせください!

清掃業者さんなら 「洗浄剤の種類は、あまり増やしたくない。」 と思ってますよね。

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 水垢洗剤 茂木和哉がTVで紹介されました
白いなまはげは、オーブンレンジの掃除に最適です!

  皆さん、オーブンレンジは、どんな洗剤を使って掃除し

【プロ必見】シリカスケール落としに最適な洗浄剤を選ぶポイントとは?

水垢は、種類によって落としやすさがまるで違います。 水垢

サムライでシロッコファンを洗ってみた!

皆さん、レンジフードの掃除は、どこまでしていますか? もしかして

インスタグラムを始めてまもなく1年!

インスタグラムを始めて、来月で1年になります。 商品の使

バスクリーナー選びは「洗浄力」より「泡」が重要です!

バスクリーナーを選ぶ際、「豊かな泡立ち」と「素早い泡切れ」は、

→もっと見る

PAGE TOP ↑